宇都宮リハビリテーション病院

宇都宮リハビリテーション病院・医療技術部

薬剤科

薬剤師
1. 調剤業務
飲み合わせ・副作用・投与量・飲み方などのチェックを行い、一人ひとりに適した形で調剤します。
2. 注射業務
投与量・投与経路・速度・期間などのチェックを行い、注射処方箋により患者毎に1日分ずつセットしています。
3. 医薬品管理業務
医薬品の購入と保管そして各部署への供給と一貫した管理を行っています。管理には在庫管理と品質管理があります。 薬は必要な時に必要量が確保されなければなりません。 また薬は安全で有効な状態に保たれなければならないので、品質管理(温度、湿度、光)には万全を期しています。 病院経営面からも重要な業務です。
4. 医薬品情報管理業務
数多くある薬の効果や副作用の情報を収集し、管理しています。 医薬品は薬と情報が一つになって初めて有効な医薬品となります。 薬が適正に使用されるために、薬の有効性・安全性などの情報を、医師や看護師などに的確に提供し、医療の現場を支えています。
5. 薬歴管理、薬剤識別業務
複数の診療科にかかっていて、それぞれの処方が適切であっても一緒に使うと副作用が出たり、効果が低下又増強する可能性があります。 これらを未然に防ぐため患者さんが受ける薬物療法の情報集約・管理します。
6. 薬剤管理指導業務
患者が薬を正しく使えるように薬の効果・使い方・注意点などについて説明します。 薬の服用法や剤形が複雑で間違って薬が投与されないためにも、大切な業務です。

栄養科

栄養科では、入院患者様がリハビリに専念できるようお食事の面からサポートさせていただきます。
患者様の楽しみの一つである三度の食事。
四季を感じていただけるようなメニューを取り入れながら、患者様の病態に合わせ個人対応したお食事の提供をさせていただいております。
また、お食事に関するお悩みやご相談があればアドバイスさせていただきます。
薬に依存することなく、普段口にする食べ物を上手に摂ることで健康的に病状を改善していくためのお手伝いができればと思っています。