宇都宮リハビリテーション病院

蒲田リハビリテーション病院・病院の理念

基本理念

手には技術 頭には知識 患者様には愛を

基本方針

1.安心・安全な医療
学問的に高い水準の安心・安全な医療を提供します。そのために必要な施設・設備の整備拡充に努めます。
2.回復期リハビリテーション医療
患者様・家族と医療情報を共有し、回復期リハビリテーション病院として入院から在宅まで一貫した、患者様のニーズに沿った安心できるチーム医療を提案します。
3.地域医療
地域の医療・福祉施設と密接な連携をとり、寝たきり「ゼロ」、在宅復帰を目標に誰でも安心して利用できる、回復期リハビリテーション病院を目指します。
当院では、リハビリテーションの役割として、「障害を受けた者を彼のなしうる最大の1.身体的2.精神的3.社会的4.職業的5.経済的な能力を有するまでに回復させることである」を目標に掲げ、各専門職と連携をとり、患者様の早期在宅復帰をサポートしていきます。

病院概要

病院名
一般社団法人 巨樹の会 宇都宮リハビリテーション病院
所在地
栃木県宇都宮市御幸ケ原町43-2
開院日
平成23年8月1日
診療科目
リハビリテーション科、神経内科
病床数
96床